借入とは何なのか、銀行と消費者金融の違い

借入とは、一般的に金融機関からお金を借りることを呼びますが、金融機関はいくつかあり銀行や消費者金融(借入ならココがオススメ)、事業者金融などがあります。これらの金融機関には、それぞれの特徴がありますので、借入をする際には自分の状況と照らし合わせて選択をする必要があります。

まず初めに銀行で行う借入とは、低金利で借入をすることが可能となります。しかし、低金利ゆえに信用できる人や、返済能力が高い方でなければ融資してくれません。一般的にも銀行は低金利で融資してもらえるが、その分審査が厳しいというイメージになっています。ですので、審査をしてもらうにも時間がかかってしまいますので、今すぐに借入をしたい方には向いていません。

銀行は個人や法人の普通預金を元手にローンなどの貸し付けを行っていきます。そして利息を利益としていますので、景気が良い状態なら普通預金の利息もローンの利息も高くなります。

次に消費者金融の借入とは、金利が高めに設定をされていますが、その分審査にかかる時間が短く、場合によっては即日融資をしてくれる消費者金融もあります。どちらの金融機関で融資してもらうにも、共通していることは審査を受けなければならないことと、お金を借りたら返済をしなければならないことになります。

違う点としては、金利が違うこともあるのですが、銀行では総量規制の対象外で、消費者金融では総量規制の対象となっているという事です。総量規制とは、借金によって破産することを防ぐ目的で制定された法律で、年収の3分の1以上を融資してはならないといった法律になります。

この総量規制は消費者金融では対象となりますので、例えば年収が300万円の方が既に100万円円の借入をしている場合には、他の金融機関であっても新たな借入れをすることができません。しかし、銀行であれば総量規制の対象外になりますので、銀行であれば年収が300万円の方が既に100万円の借入をしていたとしても、新たな借入が可能になります。