キャッシングで絶対に知っておきたい借入残高

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用すると、とても簡単にお金を借りることができて便利です。利用するのは簡単ですが、契約をしたなら借入残高についての知識を十分に理解しないと失敗してしまいます

借入残高というのは、キャッシングやカードローンで借り入れた分の総額をいいます。現時点で1万円を借りているなら、その金額が残高です。必ず返済する義務のあるお金になります。

利息は含まれていません。主に利息の計算や、返済期日の支払額の計算に使われるものです。多くのキャッシングやカードローンでは、毎月決まった期日に返済する決まりになっています。返済額は期日に決まるのではなく、基本的に前月の締め日の時点で決定します。締め日は確定日や約定日ともいわれる場合がありますので、覚えておくと便利です。締め日の設定は利用するサービスによって違いがありますから、契約内容を確認しておきましょう。

締め日の時点で現在の借入残高が決定します。締め日の翌日以降の借り入れ分については、次回分として別に計算されます。残高スライド元利リボルビング払いといった返済方法が設定されていると、締め日までの借入残高の合計額に対して、決められている金利を使った日割り計算が行われます。

算出されるのは利息です。翌月の期日に、月々返済する元金と算出された利息を合計した金額が、その期日の支払い分になります。月々支払う元金については借入残高の多さによって、一定額が決まる内容のものが多くなっています。期日に返済すれば、自動的に借入残高が少なくなりますので、その次の期日に返済する元金や利息が減る場合があります。特に利息が減るのが大きなメリットだといえます。

当然ながら、締め日以降に借り入れをした分が残高として加算されますから、必ずしも次回の支払額が減るとは言い切れません。リボルビング払いの利用や返済までの支払い回数が多いほど、借入残高の多さに比例して利息の負担が大きくなりますので、注意しましょう