1000通貨から始めるFXナビゲーション

使いやすいメリットの多いSBIFXトレード

SBIFXトレードは、住信SBIネット銀行などで知られるSBIグループが運営するFX取引サービスです。数あるFX業者の中でも使いやすい特徴を備えていることから、初心者からベテランまで幅広いトレーダーに最適です。

 

SBIFXトレードが使いやすいとされる理由の一つは、取引環境にあります。パソコンへインストールして使うタイプの取引ツールは、見やすさと機能の豊富さを両立させています。特にチャートに実装されているテクニカル分析ツールの数が豊富で、ボリンジャーバンドや移動平均線はもちろん、パラボリックやエンベロープなどを使いこなしてトレンドを分析することができます。ラインなどを引くツールも充実しており、高値同士を結んで簡単に引けるトレンドラインや、戻りを推測するためのフィボナッチも便利です。いずれも難しい操作を必要とすることなく直感的に使えるので、パソコンの扱いに慣れていない方でも迷うことがありません。

 

パソコンだけでなく、外出先での取引に便利なスマートフォン用アプリもSBIFXトレードには用意されています。アプリでは通貨を指定して為替レートの数字をタップするだけで、簡単に発注できます。小さいながらもチャートも確認できるので、トレンドを確認してから取引したいという方にも使えるアプリです。

 

少ない通貨から取引できる点も、SBIFXトレードならではのメリットです。多くのFX業者では、取引するには最低でも1万通貨からとなっており、それに要する資金も5万円前後が必要となっています。一方こちらの業者では1通貨から取引することができ、その場合には約5円あればポジションを持つことが可能です。FXは少ない資金でも取引できるのが特徴ですが、1万通貨からの取引ではリスクも大きいと感じる方もいるかもしれません。そうした方々に、お小遣い感覚で投資をスタートできるSBIFXトレードは使いやすいといえます。

 

他にもSBIFXトレードでは、投資に欠かせないニュースやレポートなどの投資情報が多く配信されており、相場のプロの意見を元にした取引が可能になっています。
参考:SBI FXトレードの口コミやスプレッド、キャンペーン情報を公開中!

 

 

FXのトレンドが強い時にはRSIの数字が動かなくなる事もある

 

外貨の動きを用いて売買をする時には、ツールを使う事も必要になります。その売買では、RSIというツールなどは比較的よく用いられているのです。
RSIは、30と70の数字が注目される事が多いですね。その数字が30に達した時には、そろそろ売られ過ぎという状況を示します。逆に70になった時には、ちょっと買われ過ぎの状況なのです。ですのでその数字が30になっている時には、もちろんFXで買いの注文を行うべきでしょう。逆に70になっている時は、売るべきですね。
RSIは、あまり動きが無い相場で効果を発揮しやすいと言われています。いわゆるレンジの局面などでは、とても使いやすいと考えている方が多いですね。
ところがそのツールには、1つ弱点があります。余りにも急激な動きが発生している時には、数字が動かなくなってしまう事があるのです。
例えばリーマンショック時ですね。あの時には外貨の動きが大きく下落していた訳ですが、RSIにもその影響が及んでいました。売られ過ぎの状況になっている訳ですから、当然RSIとしても30などの数字を示すことになります。
ところで30などの数字を示したのであれば、RSIの数字は増加するのが一般的でしょう。売られ過ぎになっている以上は、30になった後に40や50などと数字が増える筈なのです。
ところがリーマンショックの時には、ずっと30以下の数字が続いていたのですね。30以下の数字になったまま、ほとんど動かない状態になってしまいました。それで折角のそのツールが、効果を発揮できない現象が発生したのです。このツールは大きなトレンドが発生している時には数字が動かなくなってしまう事もあるので、要注意ですね。
しかし時間軸を変えれば、それが解消される事もあります。日足や週足などで見てみると30以下で固定されてしまう事も多いのですが、月足などに変えてみると数字が変化してくれる事もあります。ですのでFXでの利益を目指すためにそのツールを使う時には、時には時間軸を調整する事も必要でしょう。

 

 

失業率などが発表される時に外貨の金額を大きく動かすFXの指値

 

外貨が動くには、必ず理由があります。全く理由が無いにもかかわらず、その通貨が動く事は考えづらいですね。
ところで経済的な指標が発表されると、その外貨の金額は大きく動く傾向があります。特にアメリカの失業率などが発表された時には、普段以上に大きく動く傾向があるのですね。
米ドルが、その良い例だと考えられます。その外貨の場合、1日あたりの動きはせいぜい0.8円になっている事も多いのですね。あまり大きく動かない外貨の1つという事になります。
ところが前述の失業率などが発表された時には、その外貨が1円以上動く事があるのです。失業率はアメリカに大きく関わる数字なのですから、やはり動きも大きくなりがちなのでしょう。
ところでその動きのスピードも、また激しいものがあります。わずか数秒程度で、本当に大きな動きが発生するのですね。1秒も経過しない内に、米ドルの金額が0.3円ほど上昇する事も珍しくありません。
そしてあれほど高速に大きな動きが発生する理由は、やはりFXの指値が原因だと考えられます。数字が発表されてからあれだけ高速に反応するのは、成り行き注文では少々難しいと思うのです。よほど反射神経が優れている方であれば可能かもしれませんが、0.1秒以内にあれだけ速やかに反応するのはちょっと難しいでしょう。
しかし指値の場合は話は別ですね。あれは自動的に反応するシステムになるので、外貨の動きによって高速反応する事は大いにあり得ます。
恐らくその経済指標が発表される少し前のタイミングにて、多くの指値の注文が入っているのでしょう。それで外貨の動きなどに反応して、自動的に激しい動きが発生しているのだと考えられます。
このようにFXの指値というシステムは、外貨の動きを激しくする事もある訳ですね。上記はアメリカの失業率に関する例ですが、他の経済指標に対してもやはり指値が大きく関わっていると考えます。FXという商品は、外貨の金額を大きく動かしている原因の1つなのですね。

FXの会社は、手数料で成り立っています。最近はその手数料もリーズナブルになってきていますが、結局はそれで経営をしている事だけは確かですね。
ではどのような時に手数料が発生するかと申しますと、もちろん新規の注文をして、決済をした時です。特に後者の決済が大切で、それが成立しないと業者に対して手数料が発生しづらくなってしまうのです。このため売買のやり方によっては、金融会社に対してあまり多くの手数料が発生してくれない事があります。
例えば長期スタイルですね。その手法の場合は、基本的には建玉を長期的に持つことになるでしょう。そして長期保有となると、やはり決済の頻度などは少なくなりがちです。一度保有した建玉を、数年間持ち続けることも少なくありません。
という事は、金融会社に対する手数料がちょっと低めになってしまう訳ですね。ですので金融会社としては、正直利用者の方々にはあまり長期保有をして欲しくないというのが本音のようです。
いつの頃からか、金融会社は短期的な売買をする方が良いとアピールするようになりました。ある時までは長期的な売買を歓迎している雰囲気だった金融会社も、短期的な売買向けのシステムを多く提供するようになったのですね。
例えば、スピーディーなシステムです。売買をする為には、もちろんシステムを用いてクリックやタップなどをする必要があります。そして以前の金融会社は、そのクリック数はかなり多かったのですね。ところがある時から、少ないクリック数でも売買ができるようなシステムが多く提供されるようになりました。
その目的は、やはり手数料ではないでしょうか。ある時に上記の長期保有の手数料に関するデメリットを感じて、各会社としても公式サイトで短期売買向けのシステムを提供するようになったのだと察します。
その短期売買向けのシステムは、恐らく今後も新登場する事でしょう。その背景には、やはりFXの手数料の問題があるのだと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:37:15

私は以前に、FXで大きな損が発生した事があります。ちなみにそれは、数年前の金融ショックによるものでした。
当時の私は、FXでの金利目的の売買を行っていたのですね。当時のその金融商品では、とにかく金利目的で売買を行う方が良いという風潮が蔓延していました。
それで私もその風潮に影響を受けて、買い玉を保有するようになったのですね。それである時までは、利益が発生していたのを覚えています。
ところが私が買い玉を保有してから数ヶ月ほど経過すると、上記の金融ショックが発生しました。それで私の買い玉に対して、大きな損失が発生したのですね。
ところで私は、その損失を割と低く抑える事ができた方だと思います。なぜなら私は、途中段階で全てを強制決済したからです。ちなみにそれは金融会社によって決済された訳ではなく、私の意志で決済をしました。あえて早い段階で損切りをする方が良いと気が付いたのですね。
厳密に申し上げると、それは私の判断ではありません。私の友人のおかげです。
当時私は、ある個人トレーダーの方と仲良くしていました。その友人に対して、私の買い玉の状況などもちらほらと話していたのですね。
ところがその友人から、客観的なアドバイスがされたのです。上記のような金融ショックの状況になってしまっているので、早い段階で損切りをする方が良いとのアドバイスを受けたのですね。
正直私は、かなり迷いました。折角の投資金額が減ってしまうのは、とても悲しいことだと思ったからです。
しかし色々と冷静に考えてみた結果、結局は自分の意志で決済をする方が賢いと思ったのですね。一度は金額が減っても、もう一度やり直せば良いと思ったのです。それで私は上記のように決済をする事になった訳ですね。
今思い返しますと、友人に対してはとても感謝しています。あの時に友人がFXに関するアドバイスをしてくれなければ、恐らく強制的な損切りが発動されていたでしょう。この金融商品では、良い友達を持つことも大切だと思いますね。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:37:15

FXの取引手数料等 投資者は、投資者が本取引を利用して行った売買注文が約定した場合、当社が別途定める事になり、取引手数料その他の諸経費を支払うものになります。FXの取引手数料は、投資会社の判断で変更することができるものとします。 そのため投資を始めてからはしっかりと除法を確認することが大切です。
また本取引に係る売買注文の内容等について、投資者と社との間で疑義が生じた場合は、投資者が入力されたデータの記録内容をもって処理していきます。 証拠金の目的 もしっかりもって投資家の方は本取引を行うにあたり、取引によって生じる投資者の債務を担保するために、投資会社に対して、別途定める金額以上の証拠金を当社の定める方法により利用をスタートさせます。証拠金は、当社が特に認める場合を除き、円貨をもって差し入れるものとします。 証拠金 利用者は本取引の売買注文に先立って、証拠金の必要額として投資会社が定める額以上の金銭を本口座へ入金する必要があります。資金的に余裕がある人ほど、利用しやすい手続きを行うことが出来ます。投資には、維持すべき証拠金の額以上の証拠金を、本口座に維持しておく事が肝心です。時にはレバレッジのように使いやすい投資を行い更なる利益を狙うこともできるようになります。
証拠金の振替等 において投資家が本口座に差し入れした証拠金の額が、当社が定める額を超えている場合によっては超過額の全部又は一部を、投資会社が定める方法によりお取引口座へ振替ることができます。証拠金の取扱いについて必要な事項は、各投資会社によって異なります。
ロスカット・ルール についても投資会社のルールが一部異なる場合があります。
投資家の方の有効証拠金の額が当社の定めるロスカット・ルールの基準額を下回った
際には、任意で投資者の未約定の新規注文を取消すことも出来ますのでルールを確認して手続きを行いましょう。以上が取引における全体的なルールになり正しい投資を行うためのコツになります。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:16:07

FXの投資では通貨ペアをしっかりすることが大切です。売付取引又は買付取引の別
注文数量を事前に確認することが大切です。執行条件等も自分で要確認しましょう。 指値・逆指値注文のときは価格 に気を使い勝つ投資を心がけることがコツです。有効期限等もありますのでテキパキ投資を継続して行っていきましょう。 売買注文の有効期限 を守ることが出来るようにしっかり携帯電話でアプリをダンロードしましょう。取引の売買注文の有効期限は、証券会社が定めるところによるものとします。
まずは売買注文の受付をサイトで確認しましょう。 この取引の投資家は、投資会社が客の本取引の売買注文を当社オンライントレード内の本取引に影響します。
投資家の本取引の売買注文においては、投資会社が投資家の注文内容を受信した時点で注文の受付とします。売買注文の取消・訂正 、投資家が本取引を利用して行った売買注文に対する取消及び訂正を行うことが大切です。
もし投資家の本口座に差し入れた証拠金が不足する場合においては十分なFXの機能を利用できない可能性もあります。特にレバレッジを利用してFXの投資を行っている方は証拠金が不足しないようにしましょう。投資家の売買注文の内容が、本規定又は証券会社が定める取引に関するルール等に違反しなければそのまま使い続けていくことが出来ます。FXの投資はこのようにしっかり正確性をもって行うことが理想的です。きちんと自分の投資スタイルを保っていくことが最善です。 為替レート及びスワップポイント をしっかり守っていくことが大事です。
この取引による為替レート及びスワップポイントには、投資会社が独自に提示する為替レートで及びスワップポイントが適用されます。
Ask(買値)及びBid(売値)確認しましょう。外国為替相場の状況又は変動によっては、実際の約定値段がの指定した値段とは同一にならない場合があります。投資の際には投資会社が提案する情報を利用してFXを成功させましょう。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:16:07

FXは自己の判断と責任において基本的に、自己の資金により自己のためにお取引することになります。そのため第三者のために講座を開くことは出来ません。FXの投資で勝ったお金も負けたお金もすべて登録者のモノになります。投資が簡単にできるFXですが、利用者が十分に利益を上げることができるようにすることが大切です。
並んで、会社の関連する規定の内容を承諾し、トラブルなく継続して投資を行っていくことが大切です。投資会社が提案する通貨ペアによっては何度も投資を続けていくうちにバランスの良い投資を行うことができるようになります。
また基本的に年齢制限があります。満20歳以上80歳未満であること 、幅広い年代の方が申し込みをすることが可能なFXの投資、資金があれば今すぐに投資をスタートすることが出来ます。
また契約した証券会社からの電話及び電子メールにて常時連絡が取れることが大前提です。もしトラブル等があれば証券会社から連絡がきます。 また基本的にインターネットをご利用することが必要になります。 また契約の際には書面の電子的な交付に同意しましょう。 投資した方が当社所定の方法により本口座の開設をお申込みになり、かつ、当社が承諾した際に投資を行うことができるようになります。
本口座の開設が行えない場合には契約はできません。また利用者がこれを引き続き利用していくことはできません。
この時の、証拠金、計算上の損益金、決済取引等に係る差金、差金すべてを本口座内で処理します。また証券会社は投資家が本取引をご利用できる日及び時間は、当社が定めるようにします。売買注文については 投資家が本取引において売買注文を行うときは、投資事項を当社に明示するものとします。投資の際には電話、ファクシミリ、電子メール等による受注は行いません。しっかり自分で投資金額をはっきりさせ、ネットやアプリでの取引がメインです。気持ちの良い取引を継続して行っていきましょう。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:16:07